花とハンドメイドを紹介します


by rosline
カレンダー

2009年 01月 18日 ( 3 )




e0160494_18531670.jpg

           これはいつ食べてもおいしいみんな大好きなおかず。

             作り方はとっても簡単^^
             レタスをちぎってさっと茹でます。
             白髪ねぎとわかめを用意します。
             ソースはサラダ油・ごま油・しょうゆ・オイスターソース
             各大さじ1をあわせ一煮立ちさせてかけるだけ。


               とってもおいしいです♪ お試しあれ!      
[PR]
by rosline | 2009-01-18 19:08 | 食卓

ひとりがいいの・・・



e0160494_13115972.jpg

                < パパが作ってくれた辛~いカレー>



          私はお風呂に入ったり寝る時は一人になりたいタイプです。
          お風呂はいつも一番乗りで、
          その日も 「あ~極楽極楽」と湯船でリラックスしていました。


          すると脱衣所で怪しい物音が・・・。
          嫌な予感がした私は「ちょっと!はいってこないでよ!!」と
          釘を刺しました。


          すると「え!もう脱いじゃったから入れてよ~寒い寒い!」と
          パパの声。


          「また着れば良いじゃん!絶対来ないでよ!」と私は本気で怒っています。
          それなのに平気で「来たよ~」と入ってくるのはまったく信じられない
          ずうずうしさです!


          大きな声を出すと、必ず下の子が察知して「パパやめなよ!」と
          言って助けにきてくれるのですが、この日はテレビに夢中なのか
          現れません・・・。


          さっきまではいい気分でいたのに、今はダンゴ虫のように丸くなって
          背中を向け、私はストレスでいっぱいです。


          いつもはカラスの行水のくせにいやにのんびりしていて、
          「早く出てよ!」といってもなかなか出て行きません!!
          はっきりいってすごい嫌がらせです!


          私はこういう時涙が出るくらい頭にきます!!
          ようやく出て行きましたが、このあと私は最初のようなリラックスムード
          を取り戻すことは出来ませんでした。


          本当にこういうことは耐えられない私なのです。
[PR]
by rosline | 2009-01-18 13:41 | 日々のこと

トラウマ



e0160494_11492675.jpg

                < 紫キャベツのいろみずです♪>




           義理の妹は子供に大量のおもちゃを買ってしまうとか・・・。
           それは子供の時お母様が散らかるのを嫌がって
           おもちゃを買ってくれず、それがとても悲しくてそうなってしまった
           のだそうです。

           ふうむ。実は私も子供におもちゃを買わないほうです。
           子供たちはどう感じているのでしょうか?

           ところで私にもつらい思い出があります・・・。

           それは保育園に入る時のこと。
           保育園にはお昼寝の時間があるということで
           母親があわててそれ用の布団を買いに出掛けました。

           その頃は「アタックNo1」などが流行っていて
           当然私としてはそういう感じを期待していました。

           しばらくして帰ってきた母が、
           「ごめん!行くのが遅くていいのがなかった~。」
           とすまなそうに言っています。

           「え~」と心の中で思いながらもいい子の私は
           「いいよ、なんでも。」と見てみると

           なんと星 飛馬や左門、花形 満の顔が・・・。
           それは「巨人の星」の布団だったのです。
 
           いくらなんでももう少し何とかならなかったのでしょうか?
           違うお店をのぞいてみるとか・・・。
           私は文句を言いませんでした。あまりにショックで
           そいうい元気もなかったのだと思います。

           しかしもうひとつ買ってきた物がありました。上靴入れです。
           せめてそれだけは・・・と祈るように聞いた結果

           「ごめん!とにかく行くのが遅くって~」
           と出てきたものはなんとターザンと猿の絵柄でした・・・。
           それは作るほうも作るほうだというような代物でした!

           なぜ?なぜ?とその後見るたびに悲しみは深まって行ったのでした・・・。

           母はいつもは姉と私にお嬢様っぽい格好をさせるのが好きで
           ビロードのワンピースにリボンというスタイルをさせたり
           髪も生まれてから2年生まで1回も切らず色々な形にして
           くれていました・・・。
           でもなぜか時々こういうことがあったように思います(><)

           というわけで、私の子供たちには飛び切りよくなくても
           せめて女の子には女の子らしくその時代に合ったものを
           持たせようと心に決めているのでした。



           
          
[PR]
by rosline | 2009-01-18 12:24 | 日々のこと