花とハンドメイドを紹介します


by rosline
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

トラウマ



e0160494_11492675.jpg

                < 紫キャベツのいろみずです♪>




           義理の妹は子供に大量のおもちゃを買ってしまうとか・・・。
           それは子供の時お母様が散らかるのを嫌がって
           おもちゃを買ってくれず、それがとても悲しくてそうなってしまった
           のだそうです。

           ふうむ。実は私も子供におもちゃを買わないほうです。
           子供たちはどう感じているのでしょうか?

           ところで私にもつらい思い出があります・・・。

           それは保育園に入る時のこと。
           保育園にはお昼寝の時間があるということで
           母親があわててそれ用の布団を買いに出掛けました。

           その頃は「アタックNo1」などが流行っていて
           当然私としてはそういう感じを期待していました。

           しばらくして帰ってきた母が、
           「ごめん!行くのが遅くていいのがなかった~。」
           とすまなそうに言っています。

           「え~」と心の中で思いながらもいい子の私は
           「いいよ、なんでも。」と見てみると

           なんと星 飛馬や左門、花形 満の顔が・・・。
           それは「巨人の星」の布団だったのです。
 
           いくらなんでももう少し何とかならなかったのでしょうか?
           違うお店をのぞいてみるとか・・・。
           私は文句を言いませんでした。あまりにショックで
           そいうい元気もなかったのだと思います。

           しかしもうひとつ買ってきた物がありました。上靴入れです。
           せめてそれだけは・・・と祈るように聞いた結果

           「ごめん!とにかく行くのが遅くって~」
           と出てきたものはなんとターザンと猿の絵柄でした・・・。
           それは作るほうも作るほうだというような代物でした!

           なぜ?なぜ?とその後見るたびに悲しみは深まって行ったのでした・・・。

           母はいつもは姉と私にお嬢様っぽい格好をさせるのが好きで
           ビロードのワンピースにリボンというスタイルをさせたり
           髪も生まれてから2年生まで1回も切らず色々な形にして
           くれていました・・・。
           でもなぜか時々こういうことがあったように思います(><)

           というわけで、私の子供たちには飛び切りよくなくても
           せめて女の子には女の子らしくその時代に合ったものを
           持たせようと心に決めているのでした。



           
          
[PR]
by rosline | 2009-01-18 12:24 | 日々のこと